目の下のたるみを治療~美容復活の扉を開く~

女性

治療前に知っておくこと

美容整形

老人性色素斑とは

歳を重ねると、しみに悩まされている方も少なくありません。小さく薄かったしみも、いつのまにか大きく濃くなっていてショックを受ける事もあるようです。ただ、一口にしみと言っても、しみにはいくつかの種類があります。加齢や紫外線などで出来るしみの多くは、老人性色素斑と言われています。原因は、紫外線を受けた肌でメラニンが作られすぎて、ターンオーバーが上手くいかずに、排出されず残ってしまう事のようです。こうなると、病院で治療しないで、セルフケアで完全に消す事は、難しいそうです。また、他の種類のシミでは、後天性メラノサイトーシス、そばかすや肝斑というものもあります。まず自分のしみが、どのタイプのしみなのかを知ると良いかもしれません。分からない場合は、美容外科や皮膚科などで治療の相談を受けてみる事をおすすめします。そして、治療ですが、医師の経験と診断が治療結果に大きく関わってくるので、病院選びも大切になりそうです。

改善や予防

できてしまった、しみは種類によって最適な治療法が違ってくるようですが、老人性色素斑などではレーザー治療がかなり有効のようです。ある美容外科では、ほぼ一回の治療で老人性色素斑が除去されているという話もあります。他に通うよりも、短期間でしみを消せるので人気があるそうです。また、レーザー治療と共に内服薬や外用薬を続ける事になる場合が多いそうですが、病院によって保険治療で、どの程度できるのかが異なるようです。その為、治療をはじめる前の相談の際に、費用をあらかじめ聞いておくと良いかもしれません。そして、予防としては、紫外線ケアを怠らない事や日々の美白を心がける事は、メラニンを過剰に作らせない為に大事な事かもしれません。